名前はどうやって呼ぶ方がいいですか?

今日は日本人の友達と「名前」というテーマで話しました。

日本人は他の人を名前や苗字で呼ぶことは結構複雑みたい。例えちょっと間違ったら、他の人は「お二人何の関係?」と思うでしょう。特に台湾の呼ぶ方でもう結婚したの人を呼ぶのは、夫婦関係が微妙になります。

台湾の呼ぶ方はわかりますか?

その前に、台湾人の名前について説明します。

台湾人の名前はほとんど3文字ですが、2文字もあります。

自分と相手の関係で、呼び方は変わります。(全世界は同じだけどw)

1,3文字フルネームで呼びます

それは初めて会ったばかりの時や、まだ相手の事をあまりわからない時使います。他には相手が異性の場合も、全名を呼びます。しかし、お年寄りを全名で呼ぶのは失礼の事です、注意してくださいね。(その場合、「伯父さん、伯母さん」みたいな感じで呼びましょう)

2,下の名前2文字を呼びます

みんなはもう友達になった時に使います。相手は異性同性や独身既婚に関わらず使えます。

ここで注意したい点が、私が以前言った通り、名前は2つだけの人もいます。この場合、そのまま苗字を外さないで呼びます。その理由は、あとで説明します。

3,下の名前1文字だけを呼びます

これは超ーー親友の間柄だけの呼び方です。1文字だけで名前を呼ぶのは、「2文字は長いから、1文字でいいです。」と思って、相手の事を1文字で呼び始めます。なぜが皆はほぼ最後の文字を選んで呼びます。例えば、ある人の名前は「林麗朱」、皆は最後の「朱」を選んで呼びます(ちなみに、「朱」は中国語の発音には「ぶた」の意味があります)。でも状況によって変わります。

ところで、前に言った、なんで2文字の名前は苗字を外したらいけないのかはもう分かりました? そうです、苗字を外したら1文字を呼ぶのはなれなれしいので、みんなは2文字のまま呼びます。

また、男性の場合は違いますので(なんか台湾の男たちは呼び方なんかどうでもいい、ただ誰を呼んでるか分からばいいんです)、彼らの事は出適当に彼らに呼んじゃっていいすよ。

最後にもう一つ追加したいですが。それは、台湾では「XXちゃん」や「XXっち」の言い方はないので、そのまま名前を呼びます。日本のみんなさんはおかしいだと思うかもしれませんが、それはただの習慣です。台湾人に気軽くに伝えてでいいですよ。